自宅でもできるホワイトニング

自宅で歯のホワイトニングはできる?

  • 歯の着色の原因

    歯を白くするホワイトニングというと、歯医者さんや美容外科のようなところでしか受けられないと思われがちですが、家庭で気軽に始められる商品も増えています。 歯医者さんなどでは保険の適用外であることがほとんどのため、費用が高額ということもありますが、市販の商品を使えば、費用も低く抑えることができます。

  • 急いで白くしたい時には

    結婚式や大事なプレゼンなど、会う方々から好印象を受けたいタイミングもあります。 実施日が決まっているので、その時までに確実に白くしたい訳ですが、歯磨きで地道に白くしていくには時間が足りません。 そういった時に、単発的に使えるアイテムもあります。

  • 歯医者さんやサロンのクオリティを目指す

    歯医者さんなど専門家の元で受けるホワイトニングは、薬剤塗布の上、光を照射することで高いホワイトニング効果を実現しています。 これと同じようなケアが、家庭でも行うことができる本格的なアイテムがLEDを用いたホワイトニング商品です。 マウスピースと連結された本体からLEDの光を照射するスタイルです。

食べ物で付いた着色汚れを落とす

人と話をする時、視線は口元に行きがちです。
そのため、歯が着色汚れがあったり黄ばんだりしていると、印象がダウンすることもあります。
4割の人が歯に着色汚れなどがあると好感が持てないとも言われています。
これは、第一印象が売上を左右するような接客業や営業職に従事する人にとっては致命的ですよね。
着色汚れは、生活習慣により歯に付着したステインが原因として起こります。
コーヒーやカレー、赤ワインなど、摂取する食べ物や飲み物に得にステインとなる原因物質が多く含まれるものを好んで接種している人は、注意が必要です。
唾液と混ざることで歯の表面に付着し、汚れを目立たせてしまうのです。
表面についた汚れは歯磨きで落とすことができますが、この汚れが表面だけでなくエナメル質にまで浸透し、歯が黄ばんでしまうということもあります。
歯の黄ばみは、加齢によっても起こることがあります。
歯の色は表面のエナメル質の下にある象牙質の色も関係しています。
象牙質はその名の通り象牙=アイボリー色をしています。
純白に比べると少し黄色に寄った色味です。
年齢が高くなると、当然歯にも経年劣化が起こります。
半透明のエナメル質がすり減って薄くなるため、その下の象牙質の色味が表に現れるため黄ばんで見えるということです。
また、再石灰化が起こりにくくなることも、歯の白さを失う原因にもなります。
人間は糖を口にすると、歯の成分の一部が溶ける「脱灰」がおこります。
「脱灰」は、唾液の中に含まれるリンとカルシウムによって起こる「再石灰化」によって補修されていきます。
しかし、甘いものをとりすぎると、「脱灰」と「再石灰化」のバランスが崩れたり、ドライマウスなどで唾液が不足すると歯の白さを失うことにつながります。
理想的なのは予防することですが、もし、着色したり、黄ばみが目立ち始めたら、その時はホワイトニングのタイミングかもしれません。